助産師に必要な資格

助産師に必要な資格

助産師になるには取得しておかなければならない資格があります。それは看護師の資格です。看護師の資格を取得してその後、助産師の養成学校や教育機関で助産について知識と技術を学び助産師の国家試験を受けることができます。助産師は看護師の資格と助産師の資格が必要になる訳です。

 

資格を取得する方法は看護師資格と助産師資格を同時に取得する方法と看護師資格を取得した後、助産師の資格を取得する方法があります。まず看護師資格と助産師資格を同時に取得するには助産師コースのある看護大学に入学し助産師コースに進み卒業年度に助産師養成過程の単位を取得し同年度の看護師国家試験と助産師国家試験を受けることができ、合格するれば卒業と同時に助産師として働くことができます。

 

看護師の資格を取得してから助産師の資格を取得する場合は、まず看護大学か専門学校を終了後に看護師国家試験に合格し看護師の資格を取得します。その後、文部科学大臣が指定した学校、または厚生労働大臣の指定した助産師養成所、看護大学の助産師コース、助産師育成課程がある大学に編入し助産の知識や技術を学び修了し、助産師国家試験を受けることができます。

 

このように2通りの資格を取得する方法があります。最初から助産師を目指す方もいれば、看護師の経験を積んで助産師を目指す方もいます。いずれにせよ、助産師は必要であり求められる魅力的な人材です。資格取得は大変ですが、助産師を目指してみるのもいいのではないでしょうか。

助産師に必要な資格記事一覧

助産師の再就職

助産師は看護師の資格がないと取得できません。助産師の再就職には、また助産師として働く人、そして看護師として働く人がいます。看護師から助産師になる人は、自分の今までの経験を生かし、ステップアップの意味も含めて資格を取得する人は少なくないですが、例えば何らかの理由で離職後、また助産師の再就職と考えたとき...

≫続きを読む