看護師一人につき何名くらい患者を受け持ちますか?

看護師一人につき何名くらい患者を受け持ちますか?

病院やクリニックなど、医療機関の規模によって看護師一人が何名の患者を受け持つかが変わってきます。看護師受け持つ患者が何名であるかは、医療機関ごとの看護配置を調べればわかります。

 

看護配置は、7対1入院基本料、10対1、などというように公開されているのです。

 

前者は看護師一人の受け持ちが入院患者数7名以下を表しています。後者ならば看護師一人につき患者を10名ほど受け持つという意味になります。しかし、看護配置は日勤・夜勤でも変わるので注意が必要です。例えば看護師一人につき患者を5〜6名受け持つのが、日勤の平均とされています。

 

それが夜勤になると、10〜15名の患者を受け持たなければいけなくなるのです。また、どこに配属されるかでも、患者を受け持つ数は変化します。集中治療室などの場合は、看護師が受け持つのは1〜2人となっており、患者の状態によって看護配置が決められているのが分かるでしょう。

 

看護師が不足している事態は過去から現在まで続いており、受け持つ患者の数とその負担は日ごとに増していると言われています。そうすると看護師という職から離れてしまう人数も増えるため、ますます看護師の仕事が厳しくなる悪循環も生まれている状況です。