夜勤専従看護師の勤務状況を教えて。

夜勤専従看護師の勤務状況を教えて。

夜勤専従看護師は、今、看護師の新しい働き方として注目されていて、夜の時間帯の勤務を専門に担当します。昨今の看護師不足や看護師のワークスタイルの変化の影響を受け、その中で、夜勤のみの看護師という働き方が推奨されるようになってきました。

 

その結果、夜勤専従看護師という職種が誕生したのです!

 

夜勤専従看護師は、読んで字の如く、日勤をすることはありません。そこで気になるのが、勤務日数や勤務時間ですが、1ヶ月間の勤務時間は144時間以内と決められています。日数に換算すると8〜10日程度になります。夜勤専従看護師の勤務状況ですが、まず、仕事内容としては、体位交換、おむつ交換、点滴管理、コール対応などがメインになります。

 

急性期や緊急入院の人に対しては、観察と対応も行います。夜勤の時間配分については、2交代の場合は17時〜翌朝9時、3交代の場合は0時〜9時の勤務になります。夜勤専従看護師ガ大変なのは、日中に入院もしくは転入した人の顔を見ることなく看護しなければならないところで、名前と顔が一致しないまままの確認作業になります。